トップページユーザー様 導入事例 > 慶成会 グリーンヒルズ東山様

慶成会 グリーンヒルズ東山様に、ミクニ製リフトを導入していただきました

☆入浴介護リフト「ミクニマイティエースⅡ浴室セット」
☆新型キャリー「ミクニマルチキャリー」
☆床走行式リフト「ミクニマイティライトⅡ」

導入場所
2階&3階の大浴室、1階~3階の全ユニット
1階~3階の個浴、全3箇所
■施設概要■
施設名
慶成会 特別養護老人ホーム グリーンヒルズ東山
静岡県浜松市西区大山町2958-1
入居定員
特別養護老人ホーム/90名
ショートステイ/10名
介護単位
1階/3ユニット(34名)
2階/3ユニット(33名)
3階/3ユニット(33名)
入居者とその家族、スタッフ・ボランティア・実習生・その他の見学者や地域住民との交流を通じて、共に支えあい、助け合い、生かしあう共生の文化、個々の人生の輝きを大切にする高齢者の文化などを創造し、育成する福祉文化センターとしての役割を担っていきます。

① 大浴室への入浴介護リフトの設置

2階&3階の大浴室に設置。2つの個別浴槽に対し、リフト1台で入浴が可能に
入浴介護リフトの設置 画像1   入浴介護リフトの設置 画像2   入浴介護リフトの設置 画像3
浴槽~浴槽の間にカーテンを設置   プライバシーに考慮した作りに
※)浴槽~浴槽の間にカーテンを設置。プライバシーに考慮した作りに

② 各ユニット 個別浴槽への設置

浴室内へマルチキャリーで → チェア部を吊り上げ → 浴槽内にチェア部で入浴
浴室内へマルチキャリーで   チェア部を吊り上げ   浴槽内にチェア部で入浴

③ 床走行式リフトを居室にて使用

各ユニット9箇所にて導入し、ベッド⇔車椅子間への移乗介助に
ベッド⇔車椅子間への移乗介助に 導入いただいた吊り具
マイティライトスリング
マイティライトスリング
  4点式ハイバック
4点式ハイバック

④ 介護現場でのリフトの操作

スリングシートの装着
スリングシートの装着
  吊り上げ
吊り上げ
  吊り上げての移乗
吊り上げての移乗
車椅子への着座
車椅子への着座
  ハイバック式吊り具での着座
ハイバック式吊り具での着座

⑤ スタッフ勉強会

全スタッフで、リフトの使用方法について実技を中心の勉強会を開催しました。
※)実技研修は4回開催しています

床走行式リフト「マイティライトⅡ」による、ベッド⇔車椅子間の移乗研修
床走行式リフト「マイティライトⅡ」による、ベッド⇔車椅子間の移乗研修 画像1
		  床走行式リフト「マイティライトⅡ」による、ベッド⇔車椅子間の移乗研修 画像2
床走行式リフト「マイティライトⅡ」による、ベッド⇔車椅子間の移乗研修 画像3
  床走行式リフト「マイティライトⅡ」による、ベッド⇔車椅子間の移乗研修 画像4
床面、布団等から吊り上げることも出来ます
床走行式リフト「マイティライトⅡ」による、ベッド⇔車椅子間の移乗研修 画像5
  床走行式リフト「マイティライトⅡ」による、ベッド⇔車椅子間の移乗研修 画像6
入浴介護リフト「ミクニマイティエースⅡ」を使用した、入浴方法の研修
床走行式リフト「マイティライトⅡ」による、ベッド⇔車椅子間の移乗研修 画像7
  床走行式リフト「マイティライトⅡ」による、ベッド⇔車椅子間の移乗研修 画像8
床走行式リフト「マイティライトⅡ」による、ベッド⇔車椅子間の移乗研修 画像9
  床走行式リフト「マイティライトⅡ」による、ベッド⇔車椅子間の移乗研修 画像10

⑥ リフトの導入について

介護リフトを導入いただいた施設様より、ご意見・ご感想をいただきました

業務統括部長 高橋 真純 様
業務統括部長 高橋 真純 様

介護リフトを導入して、変わったこと

当施設において、介護職員の約8割が腰痛に悩まされている状況であり、腰痛などの身体的理由によりやむなく退職に至るケースも少なくはありません。また、入居者の体型にも変化がみられ、高い技術を持ち合わせた介護職員から肉体的負担のみならず、入居者にとっても精神的・肉体的負担を負わせていることがありました。

今回、「持ち上げない介護」を実践し、各ユニット(9ユニット)に介護リフトを導入しました。介護職員からは、負担軽減や安全確保にとどまらず、入居者の満足度向上、労働環境の改善にも繋がり、介護職員のモチベーションに繋がっています。

介護する側・される側に良い効果が生まれていることを実感しています。

ミクニ製商品について

狭い居室内で入居者を吊り上げた状態でも取り廻しが楽で、安定した移動が可能です。また、折り畳みができることから狭い場所でも保管することができています。

専用のスリングシートは楽に装着、着脱ができることや吊り上げたときの姿勢を3~4段階に調整できることで入居者の状態に幅広く適応でき、安心・安全に使用することができています。

このページの先頭へ